So-net無料ブログ作成
検索選択

外貨両替してみました(三井住友銀行浅草支店にて)

スポンサードリンク




10月に新婚旅行でハワイに行くことになっていて、海外旅行経験のある人に色々聞いてみたところ、
「両替はハワイでした方が手数料安いよ!」
とか、
「FXやってるならその口座で両替するのが一番安いよ~」
だとか、色々教えてもらったんですが、私の心に一番響いたのが、
英語得意じゃないなら、たかが数百円しか変わらないから国内で両替していった方が精神的にいいよ」
というお言葉。
確かにその通り。私は残念ながら英語は堪能じゃないので、いざ現地に着いてまず英語で両替しなきゃならないとか、考えただけでお腹痛くなってきそうで…(笑)

しかも、今(2016年8月末現在)円高!ドルが安い!
これは両替してみちゃおう、と安易な気持ちで外貨両替をしに行ってみました!


まず、色々調べて、
「両替機」なるものがある新宿店を目指してお出かけ。
が、他の用事を済ませていたら駐車場の上限時間が迫っていて、両替できずに新宿を出発…。
帰り道上で、15時を過ぎてもやっている銀行を探し、見つけたのが「三井住友銀行 浅草支店」。

tenpo_img02.jpg

雷門のまん前にあります。場所がすごくわかりやすい。
浅草駅からもそんなに歩きません。

銀行窓口は終わっている時間だったのですが、17時まではやっているとのこと。
到着したのは16時45分。ギリギリ~!

ATMコーナー入り口から入って、突き当たりにそのコーナーはありました。

297087.jpg

こんな感じのところです(画像はYahoo画像検索さんで見つけたものです)。

私が行った時は他にお客さんもいなくて、番号札を取ろうとしたら、
「あ、それとらなくていいですよ~こちらでお願いします」
と窓口に案内されました。

「本日はどちらの外貨との両替ですか~?」
と聞かれ、
「えっと、米ドルに両替お願いしたいんですけど」
と答えると、
「米ドルを日本円ですか~?日本円を米ドルですか~?」
と聞かれ、
「あ、日本円を米ドルにお願いします」
と答えます。
すると担当の方がなにやら紙を出してきて、
「おいくらほど両替いたしますか~?」
と。
「2万円ほどお願いしたいんですが」
と答えると、その紙に2万円と記入。
「はい、ではこちらの紙に氏名・住所・電話番号の記入をお願いします」
と紙を渡され、その場で記入。
書いて渡すと、
「はい、では本日のレートはこちらになりまして、手数料として1ドルにつき3円いただいておりますので、1ドルがこちらの値段になります。あ、ただいまキャンペーンをやっておりまして、1ドルにつき40銭ほど手数料を引かせていただきますので、それがこちらの値段になります」
と表を見せながら説明されました。

ここが一番大事だと思うので詳しく解説しますね。
まず、1ドルが○○円っていうレートは、銀行で決めているのではないんですよね。よくテレビとかで「今日は1ドル○○円、日経平均株価は~」みたいなのやってませんか?あれに準じているんですよね。
だいたい3時間おきくらいにそれに準じた値段で更新されているようです。つまり、同じ日でも朝一に行った時と夕方に行った時では同じ1ドルでも値段が変わっていることがあるということです。
で、そのレートが書かれた紙(両替コーナーの前の電光掲示板にも表示されていました)をまず見せられます。
で、その金額にプラスして「両替手数料」がかかるわけです。

例えばですが、私が行った日(2016年8月25日、夕方)のレートは「1ドル99円○○銭」でした(すみません、銭までは忘れました…)。
で、これに1ドルにつき手数料が3円かかる、ということなので、「1ドル102円○○銭」になるわけです。
そして今はキャンペーン中とのことで、手数料から40銭ひいてくれるということです。
結果、わかりやすく銭は切り捨てて書くと、私の場合「1ドルは102円」ということになりました。

ここまで説明された後、
「以上でこの金額になりますがよろしいですか?」
と確認されます。
「はい、大丈夫です。」
と答えると、
「では2万円を両替しますと194ドルになります。ご希望の紙幣等ございますか?」
と聞かれました。

銀行両替では「硬貨は取り扱いしていません」。
全部紙幣での両替になります。
で、ドルにも日本円と同じように、1、5、10、20、50、100ドル札~と種類があります。
日本でいうと、100円玉、500円玉、1000円札、5000円札、1万円札~という感じですね。
米ドルは1ドル(日本だと100円くらい)は硬貨ではなく札なんですね。硬貨もあるにはあるらしいですが、あまり流通していないそうです。

で、この札の中から多めに欲しいものとかを選ばせてくれるということです。
最初に行こうとしていた新宿の両替機では紙幣の種類は選べないので、これは窓口の利点ですね。

私は基本的にクレジットカードで清算するつもりなので、欲しいのはチップにたくさん使うらしい1ドル札。
逆に、100ドル札(日本円だと1万円札)は必要ありません。そのくらいの金額を使う店は絶対クレジットカード使えるからです(アメリカはクレジットカード天国)。

なので、
「1ドル札を多めに欲しいんですけど…」
と答えると、
「でしたら、1ドル札24枚、10ドル札17枚ではいかがでしょうか?」
といわれました。
算数が苦手な私ですが、さすがにこれくらいならすぐわかります。
つまり、100円札24枚=2400円分と1000円札17枚=1万7千円分。
んーもう少し1ドル札が多い方がいいかな?と思ってどうしようかな~と一瞬悩んだら、
「もう少し1ドル札を多めにしますか?…私個人の感想なんですが、あまり1ドル札を多くするとお財布が大変なことになりますが…」
と。
なるほど、確かに1ドル札を40枚も50枚も持っていたら、それだけで財布がしまらなくなりそう…(笑)
そしてそうか、10ドル札なら例えばジュースの1本でも10ドル札で買えば、おつりが1ドル札になるからすぐ1ドルが増やせるんだ。
この窓口のおじさんやるなーと思いました(笑)
まぁ単にアメリカに行く人はチップ用に1ドル札をたくさん用意したがるからなんでしょうけどね。みんな考えることは同じだということか。

「ではそれで大丈夫です」
と答えると、
「はい、では1ドル札24枚、10ドル札17枚で両替してまいりますので少々お待ち下さい」
と言って、窓口内の後ろにいる方に書いた紙を渡し、後ろの方が札を数え始めました。
さすが銀行員、札を数えるのがすごく早い!思わずじっと見ていました(笑)

数分待ち、
「大変お待たせいたしました、ではご確認をお願いします。ではまず1ドル札を…」
と、目の前で1ドル札→10ドル札の順で数えて確認させていただきました。
「以上でお間違いはありませんでしょうか?」
と聞かれ、
「はい、大丈夫です」
と答えると、
「では本日は2万円を194ドルに両替させていただきました。お釣りがこちらになります」
とお釣りをもらって、終了です。
「そちらに封筒がございますので、よろしければご利用下さい」
と言われ、封筒に入れて終了。
さぁ帰ろうと思ったら、
「米ドルを日本円に両替も承っておりますので、どうぞご利用下さい。ただし、硬貨はお取り扱いできませんので、現地で使い切ってしまわれることをおススメいたします」
と笑顔で言われました。
なるほど、営業も忘れず、硬貨はできないことを説明し、使いきりをおススメ…。
この窓口の人、プロ(笑)


ということで、なんとも簡単に両替が終了しました。
所要時間は5分くらいでしょうか。
欲しい紙幣を選ばせてくれるのが一番のメリットな気がしますね。
銀行での外貨両替は手数料が他よりも高いようです。
なので、手数料を気にする方は、成田空港内の両替屋さんの方が手数料が安いことが多いため、そちらを利用するようですよ。
私もそうしようと思っていたんですが、あまりに円高だったので今の内に両替しておこうと思っていった次第です。
1ドル99円はものすごく円高です。通常は1ドル130円くらいのことが多いそうですよ(知人談)。
手数料を考えても両替してしまった方が安い場合は、銀行での両替が一番簡単で早くていいと思います。

そして、これはたまたまかもしれませんが、三井住友銀行で両替したら、全部ピン札でした!
これはなんだか嬉しい。両替手数料もまぁ仕方ないかなと思えました(笑)

以上、「三井住友銀行 浅草支店で外貨両替してみました」でした。
長々とお付き合いありがとうございました!





にほんブログ村
三井住友銀行 浅草支店 外貨両替 等で検索してこられた方用の追記です。

取り扱い通貨
・米ドル USD
・ユーロ EUR
・中国元 CNY
・韓国ウォン KRW
・台湾ドル TWD
・シンガポールドル SGD
・タイバーツ THB
・香港ドル HKD
・マレーシアリンギット MYR
・インドネシアルピア IDR
・英ポンド GBP
・スイスフラン CHF
・オーストラリアドル AUD
・ニュージーランドドル NZD
・カナダドル CAD


※レートは日によります。記事内レートは2016.08.25のものです。
※手数料キャンペーンは私が行ったときのキャンペーンであり、常時やっているわけではありません。
※両替金額が大きい場合は事前に問い合わせする必要があるようなので、そういう方はご自分で調べて下さい。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。